プロが丁寧に弔ってくれる家族葬|サービスも充実していておすすめ

女の人

相場がある戒名料

供花

宗教によっても違いが

葬式の費用は、葬儀社の料金とは別に僧侶に渡すお布施が必要となります。僧侶は通夜、告別式、初七日法要で読経を行い、故人の戒名もつけてくれます。さらに食事代や交通費なども必要です。これらの費用をまとめてお布施という形でお渡しします。お布施の金額は任意となっていますが実際には相場があります。この相場は地域によっても違ってきます。また戒名のランクもお布施の金額によって決まります。戒名の相場は葬儀社が教えてくれる場合もあります。また実際に寺社に聞いてみるのもいいでしょう。宗派によって違いはありますが居士、大姉、院などがつく戒名は数十万円以上の金額になることがほとんどです。これはかなりの出費になりますが、戒名のランクが高いほど故人の供養になると考えられています。ではお布施を僧侶にお渡しするのはいつがいいのでしょうか。これは葬儀の前後に袱紗などに包んでお渡しします。しかし葬儀後は忘れてしまう可能性もあるので早めに差し上げたほうがいいでしょう。そのほうが遺族も僧侶も安心して葬儀を行えます。また遺族の中には高額なお布施を用意できないケースもあります。その場合は葬儀社が寺社を紹介してくれることもあります。数万円程度のお布施で戒名をつくってくれる寺社もあるのです。またインターネットなどで調べて僧侶の派遣を依頼することもできます。派遣の僧侶のお布施は戒名料など込みで定額制になっています。これも数万円程度で利用できる場合がほとんどです。