プロが丁寧に弔ってくれる家族葬|サービスも充実していておすすめ

女の人

お葬式の流れ

数珠

半通夜から初七日法要まで

お葬式をするにあたっては、基本的な流れを把握しておくことが大切です。お葬式で最初にするのがお通夜です。お通夜は、もともと遺族が夜通し故人に寄り添い、御線香やろうそくを絶やさないようにする儀式でした。しかし、最近は弔問客を招いてお焼香をしてもらう半通夜が、門真でも一般的になっています。門真では、半通夜は6時から2時間程度行われます。弔問客は香典を持参するのが一般的な常識です。しかし、最近は香典を辞退する遺族も少なくなく、門真でも香典のいならいお葬式が増えつつあります。葬儀と告別式は通夜の翌日に行われます。ただし、斎場に空きがない場合は2日後や3日後になることもあります。もともと葬儀と告別式は別の儀式でした。しかし、最近は時間短縮のために、葬儀と告別式を一緒に行うのが一般的になっています。葬儀では僧侶の読経、友人代表の弔辞、弔電の披露などがあります。ただし、最近は門真でも形式に囚われない葬儀が多くなっているので、気楽に参加できるタイプもあります。告別式は故人とお別れをする最後の儀式です。棺に故人が好きだったもの、生花などを入れ、火葬場まで運びます。そして火葬場についたら火葬がはじまります。火葬の間、遺族は精霊落とし料理を食べて待ちます。火葬が終わったらお骨上げをして終了です。初七日法要は本来亡くなってから7日目にする法要ですが、最近は簡略化のために葬儀当日にすることが多くなっています。